スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終話 ある魔導師の話(メイプル小説)

2009.03.31 22:39|メイプル小説

 扉は相変わらず、静かである。

 ナインスピリットはこう言っていた、

 「地上の創造を見届けた竜族は別の世界に旅立つために扉を開いた。」

 しかし、扉は竜族を外世界に移動させることを成功させたが、扉の制御に想像以上に苦戦してしまった。

 それが『闇』であるということ。


 
 そして、ナインスピリットから扉に関しての研究をしていた竜族の本を預かり

 私は今ここにいる…



 つまり、扉は外世界への移動手段としての意味合いもあるが私は別の側面をこの本から発見したのである。

 ただ本を読み解くだけではわからなかったが、

 魔法の研究に行き詰ったとき、私は扉の別の力に気づいたのである。




 「………!!」

 私は人間の言葉ではなく竜族の呪文を唱えた。これによって扉は活性化され開くことだろう。

 「ここからだ…、いよいよわかる。」

 竜族はなぜ、この世界から去ったのか?私は確信を持っていた。

 役目を終えたから?そうではない…。

 新たな力を求め、扉をくぐったのだ!

 つまり、扉は力の源泉。その一端に触れれば私が抱えていた壁などあっという間に越えられるだろう。



 
 扉が怪しく光りだす。この光こそ、私を別次元まで高めてくれる希望の光…。

 悩むことはない。むしろ気分が高揚しすぎておかしくなってしまいそうだ!早く一歩踏み出したい。

 扉が私一人を包み込む大きさになった時、私は…。





 その光は私を包み込むと瞬時に私の体全体を刺激した。

 すると、どうだ!

 あれほど行き詰っていた脳内の思考から溢れるほどに魔法の感覚が湧いてくるのだ!

 それは、一歩一歩扉の中を進むごとに強まっていく。

 今までの日々はこの一歩によって全て解決されていく。

 ならば、扉の向こうに進んだ竜族はどうなったのか??

 そう思ったが、脳内にあふれる魔法のイメージは止まらない。



 いや、止められない…。。



 もう、私は自分の意思はなくなっていた。止められないと思ったのはあとのことで、

 体は前に進むことを欲しているのだ。

 しかし、もはやそんなことはどうでもいい。

 扉の最後まで行くこと、それが今の目的だ…。




 扉の前に人が立っていた。グリトとハインズである。

 「遅かったようですね…。仕方ありません。ハインズ、用意はいいですか?」

 「…はい。」

 グリトが精神を集中させるとその場の大気が震えた。そしてその力は扉に向けられた…。





 俺は湧いてくる知識を制御できないでいた。確かにこの力は素晴らしい、だが…。

 「この体ではこの力を維持できない…何か別の体を用意しなくては!」

 そういうと同時に私を包んでいる光は細胞を活性化させ、

 熱を帯びるとこれまで抑えることのできなかった知識をコントロールすることができた。

 だが、これからだ。この体で私は、いや俺は全てを手に入れるのだ…。



 その時である!

 俺がいる空間が急激に歪みだしたのだ。歪みだすと元々不安定な空間である。

 あっという間に先の空間が消えたのだ。

 「ウオオオオオオ!誰だ!俺の邪魔をする奴は!!」

 俺は吠えた。しかし、その前に先の道が消滅したということは戻る道も危険なのである。

 扉の力によって膨大な知識が危険を訴えていた。そして導き出す答えは…

 死、死、死。

 死、死、死。

 その答えが俺の脳を満たしたとき、体は動くのを拒絶した。

 扉の力が未来の俺を予測、いや決定づけたことで体が決定に従ったのだ…。

 「俺はここで終わるのか!?ウオオオオオ!!」




 俺は死を覚悟した。いや、すでに決まったことだったのだ。残念なのはこの力を誰にも見せずに終わったこと。

 竜族がなぜ扉をくぐった後の消息がわからないのかも『闇』が現れたのも全て今なら話せる…なのに。

 ふと、ある器官が反応した。

 鼻である。

 そう、あの香りだ。だが、膨大な知識を得ても名前が思い出せない…。

 しかし、なぜだろう。この懐かしい香りは。気がつくと俺はその香りに身を任せていた。




 グリトは魔法で扉自体に強制的に閉じる力を加えた。

 元々自然の摂理には存在しない物であるから

 それを消し去ろうと精霊の力を使えば消滅まではいかないまでも

 相当の負荷を与えることができるはずだと。事実扉は閉じ、中から光に包まれた物体が放り出された。



 グリトは静かに言った。

 「ハインズ、異形の者を滅ぼすのです…」

 ハインズは詠唱をすますと呪文を物体に向けて放った。

 しかし、別方向から来た光の矢によってそれは消し去られた。

 「ロ、ロベイラ。」

 「お師匠様、ハインズ。何をなさっているんですか!?これは彼のはずでしょう??」

 ハインズは動揺を隠せない、知らなかったのだ。師匠にはモンスターの退治と告げられていた。

 「異形のものは必ずこの世界に闇を運びます。ならばその前に私は息の根を止めねばならないのです。例えそれがかつての弟子であっても…」

 だが、グリトの呪文もすぐにかき消された。

 俺が起きた瞬間に魔法で相殺したのだ。

 「ククク。お師匠サマ。扉はすばらしいところでしたよ。おかげで力を得ることができた。」

 


 だが、次の魔法をグリトに浴びせようとした瞬間、体に激痛が走ったのである。

 扉から強制的に放り出された体は不完全で、先ほどのやり取りで体が崩壊しつつあったのだ。

 「このままでは…グアアア。ハインズ、ロベイラ、師匠…た、助けてくれぇ…」

 その瞬間、グリトの放った魔法が俺を突き刺し、俺の記憶は途絶えた。




 

 シャリーン、シャリーン。

 牢屋に響く、足枷の音。

 あれからもう何年たったのかはわからない。

 扉の力を得たはずの俺が目覚めたのはこの牢屋の中であった。

 あれだけ素晴らしい力を得たはずがここでは力さえも封印されている。

 たぶん、あのハインズとロベイラという奴だろう。俺は奴等を許しはしない。

 俺の力を奪ったやつには復讐をしなくては…ククク。



 今日は雪に覆われたこの街も晴れているようだ。

 牢屋の外が少しのぞける格子窓から外を見ると、一輪の花が咲いている。

 ふと、頭が痛んだが思い出せそうもない。きっと思い出しても力には関係のないことだ。

 だが、あの匂いには何か懐かしいものを感じる。それが何なのか、俺にはわからない。

 ちょうど天気もいい。たまにはそんなくだらないことも考えなくては、牢屋の生活は退屈そのものだ。



 そう、俺はかつて魔法の神髄に触れた唯一の存在。

 なのに妬んだハインズとロベイラが俺をこの牢屋に閉じ込めた。

 俺の名前はシャモス。そう、偉大な魔導師シャモス…。




        ある魔導師の話。。。   FIN




スポンサーサイト

テーマ:メイプルストーリー
ジャンル:オンラインゲーム

ある魔導師の話 6(メイプル小説)

2009.03.31 22:38|メイプル小説


 門の研究を進めることで得た副産物…それが私の新たな魔法だった。

 その魔法を同じグリトを師匠にもつハインズとロベイラに教えた。


 
 その中でもロベイラの成長は著しかった。

 私を含めた3人の弟子の中でも精霊の使役を受ける素質が強かったのが彼女だったからだ。

 今思うならば私は自分の完成させたものを無意識のうちに後世に残したかったのだろう…

 

 だが、それも一時であり、力の無い者への力の誇示でしかない。

 そんな自己満足を満たすことで私は渇望を抑えていたのか、それとも…





 だが、渇望はもうすぐ終焉を迎えることを私はわかっていた。


 
 「明日だ。明日が来れば『答え』が出る!」






 トントン。

 

 全ての準備が整った部屋にノックが響いた。

 ロベイラだった。


 「こんな旅に出るような準備をして…あなたは…どこに行こうとしているの?」

 「どこへって?新しい魔法の実験さ。いつもの場所だよ。」


 とっさに出た嘘だった。

 今回ばかりは誰にも知らせる訳にはいかない。思うよりも早く口は動く。

 「どうした?この前教えた魔法のことか?悪いが今日はこの通り疲れているんだ。悪いが帰っ……!!」


 言い終わる前に懐かしい香りが脳内を刺激した。

 ロベイラが私に駆け寄り、抱きついてきていたのである。


 「私、最近のあなたが心配なの…。確かにあなたの功績は立派だわ。数々の魔法はモンスターにも多大な効果があると思う。」

 「でも…あなたについている精霊が最近減ってきているのが見えるのよ。だから心配で…」



 香り続ける懐かしい匂い…

 そう、これは雪原の街で春先にしか咲かない花の匂い…何度かロベイラがこの花の名を言っていたような気がしたが私は思い出せなかった。

 長旅を共にしてきた彼女は街の少女から女へと変わりつつあった。

 懐かしい香りも今は彼女を引き立たせる魔法になっている…

 私はそんなことを考えながらロベイラに身を任せていた。



 彼女と溶け合いながら私は心に充足を感じていた。

 その日、私は久しぶりに包まれるような温かさの中、眠ることが出来た。



 翌朝、私は隣に眠る彼女からそっと離れた。

 服を着る瞬間、あの香りがしたがやはり私は思い出せなかった。

 「帰った時に聞くことにしよう…」

 そう言うと、感謝をこめて眠る彼女の額に唇を重ねた…。



 そして、私は前に向かって歩き出した。


 次回 最終話 ある魔導師の話 7 (←クリックで次の話へ)へ続く。。。

テーマ:メイプルストーリー
ジャンル:オンラインゲーム

ある魔導師の話 5(メイプル小説)

2009.03.31 22:38|メイプル小説


 ハインズはなおも語り出す。




 「その出来事をきっかけに、彼は師匠の教えと龍族の技術を合わせた魔法を




 次々と開発していったんだ。今、君が身につけている魔法にも




 彼の知識が詰まっている…というわけなんだ。」




 「ただ、力というものは使う者の精神力…つまり、『心』だったんだね。」




 「その時点では私もロベイラさんも気付くことは出来なかったんだ。」




 「彼の心の変化にね…」




 




 




 自己の理論は間違いなく1本の糸のようにつながっている。




 今までの研究でそれが証明できたと私は思う。




 そして少しずつだがそれを表現できるような「チカラ」も整ってきたようだ。




 
 だが、私の中は満たされることはなかった。むしろ、空虚な気持が胸の中にあったのだ。




 からっぽな心を埋めるには数々の術、つまり魔法を生み出すことにしたのだ。




 




 ハインズやロベイラは私の完成させるものに驚きを隠せないでいたが、同じ師匠の下で




学んだ仲ということもあり、いくつかの魔法を教えることにした。




 その上達は早く、すでに2人ともいくつかの魔法を新たに使用できるまでになっている。




 




 私は、すでに扉の研究には手をつけず、魔法研究に時間を置くことが多くなった。




 新魔法の研究は次々と成功。わたしもいくつかの研究を同時に行い、成果を上げていた。




 




 「だが…何かが足りない…」




 





 その日はついに訪れた。




 




 本の知識は素晴らしいものであったが、連日の研究のうちに本の解明も終焉を迎えてしまった




のである。




 私は激しいショックを受けた。本を読み解くことで知識が身についたところで




 また、次々と疑問が沸いてきてしまったのである。




 「これでは…与えられなかった方がマシだったではないか!!」




 私は激しく机を叩いた。研究はしたいが出来ないジレンマ。




 確実に私は力を求めることに飢えていたのである。




 




 その怒りを今まで知識をくれた本に向け、地面に投げつけた。




 もう、そのまま火の魔法にかけ、処分してもいいとも思った。しかし、ここまで助けてくれた




のも事実だ。





 
 本から視線をずらしたのは偶然だった。




 以前、扉について研究した際の自分のまとめた書物が残っていた。




 魔法研究に没頭していた今となっては不必要なものではあったが、




 自分自身の「成し遂げたこと」として残しておいてあったものだ。

 

 「そうか…それがあったか。」




 
 私の飢えは止められないものになっていた。




 




 そう、以前私が倒したモンスターのように、




 喉が渇いて水が飲みたくなるように、




 知識を、力を求めていた。





 私は最高の水を手に入れた砂漠の冒険者のように笑った。




 「やってやるさ。たとえそれがいかなることになっても…」


 
 次回 ある魔導師の話 6 (←クリックで次の話へ)へ続く。。

テーマ:メイプルストーリー
ジャンル:オンラインゲーム

ある魔導師の話 4(メイプル小説)

2009.03.31 22:37|メイプル小説

 龍族は天地創造の時代から存在している。

 そのため、今とは考えられないような環境の変化があったと考えられる。

 変化に対応するための力…その一つに扉が考えられる。




 私は手紙を書く手を止めた。これは師匠へ送る文面だ。扉に対しての調査。

 ナインスピリットから受け取った本は私にとっても衝撃であった。



 
 師匠の教えにはない知識が私の探究心をあおっているのかもしれないが

 少なくともこれを読み解くことで得るものは大きいはずだ…

 そんな訳で私は扉の研究と同時に独自の理論をまとめていくことにした。





 「今思えば彼の眼はその時に変わっていたのかもしれない…」

 ハインズは目の前の冒険者に語りかけた。

 「だが、扉の真相に近づくような成果を上げていく彼に、私たちは期待をしてしまっていたんだね。

 彼がどのような気持ちであのような境地にいたのか…長い年月が経ってわかったような気がするんだよ。」

 「だがね…」




 リプレの森の中…私はあることの為にここにやってきた。無論、2人には伝えてはいない。

 きっと研究に煮詰まっての行動と思っているだろう。

 今日、ここに来たのは私の理論を試すためだ。

 「文面にまとめても行動してみなければどうなるかはわからない…」

 私は対象を遠く離れた木に定め、目を閉じた。

 頭に浮かぶ本の中のイメージ、それを具現化させる…そして自然精霊との融合…。

 脳の神経から電気のようなものが走り、頭の中で先ほど見た木がはっきりと見えた時、私は口ずさんだ。

 「チェイン…ライトニング!!」

 一瞬手先から強烈な魔力がほとばしり、木に命中したかと思うと木は激しく光り出し瞬時に灰になった…

 「本物だ…」

 間違っていなかった。魔法は成功したのだ…。

 「ふ、ふふ。はははは。」

 理論は実現した。私は掴んだのだ、この手で!

 そう思うと、私はその場に座り込んだ。と同時に猛烈な眠気に襲われた。

 いいだろう。これほど嬉しい眠りはない…私は安心して睡魔に身をゆだねた。




 2人が笑顔のまま眠る彼を見つけたのは、それから半日も経った夕方のことであったという。


 次回 ある魔導師の話 5 (←クリックで次の話へ)へ続く。。。

テーマ:メイプルストーリー
ジャンル:オンラインゲーム

ある魔導師の話 3(メイプル小説)

2009.03.31 22:37|メイプル小説

 3人の目の前に座る…いや、よこたわっているナインスピリットはグリトの手紙を受け取った。

 そして大きく口を開いた。

 私はかつてモンスターでもこのような巨大なものに出会ったことはなかったので

 一つ一つの仕草にただ驚いていた。

 「グリトの弟子よ、そんなに驚くほどのことでもあるまい。」

 ナインスピリットは私たちの考えを見透かすように語りかけた。

 いや、これも直接ではない…頭の中に流れ込むやさしい、そして雄大な声質…

 ナインスピリットは私たちの頭の中に直接声を送っているのである。





 「かつて、龍族は天地創造の時代からこの地上を守るための存在であった。

 しかし、長きの月日により、龍族のその目的も終焉を迎えているといってもよかった。

 龍族の長は自らが外世界に旅立つための研究をし、そして別次元への扉を開くことに成功した…」

 「しかし、扉は不安定なものだった。扉は我らに可能性ともうひとつのものを用意していたのだ。

 そう…『闇』だ。そこで我ら一族はこの世界に残り、扉を封印し『闇』と向き合うことにしたのだ」

 「グリトの手紙のように、様々な場所で闇の影響が出ているとのこと…。

 我が世界を飛び回れればいいのだろうが、我も老いた。そこでなのだが…」




 私はナインスピリットから本を受け取った。

 この本の中に扉の力を封印もしくは弱めるための秘法があるというのである。

 3人でこれを解読し、扉をなんとかするのがこれからの私たちの進む道になりそうだ。

 といっても先人(龍族なので人ではないが)がすでにまとめた本なので解読は早かった。

 最初のページから扉についての様々な方法が書かれていたからだ。

 とはいえ、高度な魔法であることは変わりないので

 ナインスピリットの庵と、師弟の森をハインズかロベイラが往復した。




 私は、合間をぬってこの本を先まで読むことにした。それは純粋な興味からだった。

 やはり龍族は、魔法の研究も群を抜いていたようだ。

 私が師匠から教わったものとは違う領域の物を使役したりしている。

 「ただ、実際に実現できるかは疑問だな…あきらかに魔力を行使しすぎている…」

 そう、大きな違いは龍族と人間という種族の違い…

 「だが…」

 私はビクトリアアイランドでのことを思い出した。

 少なくとも扉の影響が出ているのなら、

 モンスターも以前よりも強いものが現れることも否定は出来ない。

 だとしたら、今までのままで自分の身を守れるだろうか?

 「難しいだろうな」

 目の前のランプの光が揺れている。外は闇夜であり、2人は連日の往復での疲れもあり夜まで私に会いに来ることはしなくなった。

 そして、あのモンスター…師匠に言われた生への執着、視線。

 急にランプの明かりが消えた。風のようだ。焦らず火の魔法をかけランプを灯す。

 「強く、ならねば…」






 次回 ある魔法使いの話 4 (←クリックで次の話へ)へ続く。。。

テーマ:メイプルストーリー
ジャンル:オンラインゲーム

プロフィール

あちゃ媛

Author:あちゃ媛
ぽぷらサーバーで遊んでいる「あちゃ媛」と申します。
一人でこつこつ狩りしていることが多いですが、
メイプル内で、ブログ内でいろんな人と交流したいなと思っています。
皆様よろしくね!

バナー作りました。



メイプルストーリーの髪形・顔の形・肌の色検索総合サイト
『いけもて』(管理人はあたしです)
(v3.11アップデートに対応しました。でも新髪型は出てないですよw)


≪近況≫
Sleeping Inuko.
果たして眠り姫の目覚めはいつ?





メールフォーム開設!
コメントだけじゃ『ツッコミ』足りない方、
↓から気軽にどうぞ。


著作権について考えてみましょう!

「著作権について考えてみよう!」
(フキくんとお姉さんのページ)






free counters

現在の位置

あちゃ媛の『あちゃちゃ(^◇^)』アイピ R
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ メイプル小説

最近の記事+コメント

カレンダー&アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

日記更新中のお友達

ついった~

Twitter
119

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。